読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【野球】ヤンキース・田中、米紙にも打ちのめされる「ミステリーのように制球力がない」

■メジャー情報 8日(日本時間9日)

 8日(日本時間9日)のオリオールズ戦で2度目の先発をしたヤンキース田中将大投手(28)には、ニューヨークのメディアから酷評が相次いだ。

 5回を6安打3失点、5奪三振。チームは4-5で逆転負けしたが、速球は97マイル(156キロ)を記録。降板したときは勝ち投手の権利もあったのだから、ポジティブな見方もできそうだが、そうはならなかった。自己ワーストの6四死球で、主砲のサンチェス捕手まで右腕を痛めた。

 ニューヨーク・ポスト紙は「ヤンキースはすでに危機にひんしている。田中は開幕戦よりマシだったが、グッドなどという表現からはほど遠かった。先発陣は頼りなく、主砲までいなくなった。開幕数試合でペナントレースから脱落する道をまっしぐらだ」

 ニュースデー紙は「田中は過去に見たことのないような内容。ミステリーのように制球力がない。われわれの知っている田中ではない」

 田中はこの辛辣な批評に耐えられるだろうか。

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20170411/bbl1704110730008-n1.htm http://tabwekia.xyz/