読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【サッカー】データでプレビュー チャンピオンズリーグ8強激突! 勝負の行方は数字にあり?

大会史上初めてファーストレグでの【4点ビハインド】をひっくり返してパリ・サンジェルマンを撃破したバルセロナ。【決勝ラウンド歴代2位】の大差(10-2)でアーセナルを葬り去ったバイエルン。セビージャに競り勝ち、初出場で8強に進んだ【史上7チーム目】となったレスター。マンチェスター・C相手に鮮烈な逆転勝利を飾った【平均年齢22歳】のモナコ……。

 ベスト16の8試合で大会史上最多の【62ゴール】が生まれた今シーズンのチャンピオンズリーグは、来たるベスト8でも必ず何かが起こる。白熱必至の準々決勝4試合を、“気になる数字”とともにプレビューしてみよう。

ユヴェントスvsバルセロナ

 今大会、最強の“矛”と最強の“盾”が激突する。セリエA最少失点で首位を走るユヴェントスは、CLでも今シーズンここまで8試合でわずか【2失点】。これに対し、リーガ・エスパニョーラ最多得点のバルセロナは、【26得点】でCL最多得点チームでもある。リオネル・メッシルイス・スアレスネイマールの“MSN”は、レオナルド・ボヌッチアンドレア・バルザーリジョルジョ・キエッリーニのイタリア版“BBC”が織りなす鉄壁の守備をいかにして崩すか。

 ユーヴェはロースコアゲームに持ち込んで手堅く勝ち切りたいところ。というのも、CL通算60試合15得点のゴンサロ・イグアインが、グループステージの成績(38試合13得点)と裏腹に、決勝ラウンドでは【22試合2ゴール】となぜか振るわないからだ。また、バルサが今シーズンCLのホームゲームで【4戦4勝、21得点1失点】と圧倒的な強さを示していることを考えても、欧州カップ戦で【21戦連続無敗(12勝9分)】のホームで戦えるファーストレグで彼らは絶対に先手を取る必要がある。

 対するバルサは、やはりメッシのゴールで“カテナチオ”のカギを開けたい。現在CL通算【94ゴール】でクリスティアーノ・ロナウド(95)と歴代最多スコアラーを争うメッシは、出場した113試合のうち【52.2%】にあたる59試合で得点している。うち決勝ラウンドでネットを揺らしたのは21試合で、【20勝1分0敗】という不敗神話を持っているのだ。幸い、ここまで【8アシスト】でCLのシーズン最多アシスト記録を更新しているネイマールが隣にいるのも心強い。

バイエルンvsレアル・マドリード

 欧州チャンピオンズカップ時代を含め、準々決勝進出はレアル・マドリードが【34回目】で、バイエルンが【28回目】。これは歴代1位、2位の回数である。チャンピオンズリーグにフォーマットが変わった後に限ってもバイエルンが最多の【16回目】、レアルが【15回目】でバルサと並んでこれに次ぐ。またミュンヘンで行われる今回のファーストレグは両者が相見える【23回目】の対戦で、これも欧州カップ戦における最多。ヨーロッパが誇る“真の名門対決”と言っていい。

 過去22試合の戦績は【バイエルン11勝、レアル・マドリード9勝、2分】で、歴史はドイツ王者に分があることを示す。さらにバイエルンのベンチには、選手で2回、監督で3回と歴代最多【5回】のビッグイヤー獲得歴を持つカルロ・アンチェロッティがいる。最後の優勝はレアルを率いた13-14シーズンだったが、奇しくもそのとき助監督だったのがジネディーヌ・ジダン。今回は師弟対決となるが、“師”は元教え子と古巣クラブを知り尽くしているはず。白い巨人の連覇を阻む相手として、CLを知り尽くしたクラブとボスのタッグはまさにうってつけだ。

 ただし、UEFA主催大会で【13試合連続無敗(8勝5分)】というクラブレコードを更新中のレアルには、CL歴代トップスコアラーのC・ロナウドがいる。CL決勝ラウンドで彼が決めてきた【44ゴール】は同歴代2位のメッシ(37)を大きく引き離し、「準々決勝」のラウンドに限っても【15ゴール】は歴代最多。欧州カップ戦におけるドイツ遠征は【30試合で4勝】と苦手のレアルだが、“チャンピオンズリーグ男”のゴールで先勝できれば一気に優位に立てる。 http://tabwekia.xyz/